忍者ブログ

贈られてきた株主優待の紹介や、株主優待の情報などのつぶやき


 森永 卓郎さんの講演 テーマ「年収崩壊時代を勝ち抜く方法」



 最初は、次の内閣総理大臣や日銀総裁など政治の話。


 次に現在の経済の話。
 米国、QE2で6000億ドルを量的緩和政策。
 中央銀行が48兆円の国際を買い入れる。

 リーマンショック後から、米国株は3倍、欧州株は2倍まで戻った。

 デフレは金持ちが1人勝ちする。
 GMは世界恐慌で、三菱、三井は昭和恐慌で成長した。
 デフレは物価以上に株式や土地の値段が下がるので、このときに購入することで、儲ける。


 その後、年金の話。
 2005年、年金100年安心プランのカラクリについて
 公的年金は財源のある分しか政府は払わない
 昭和30年代が受け取っている年金で、ミャンマー、カンボジア、バングラデュで暮らせば、ボディガードつきでゆったりとすごすことができる。
 日本で暮らすのであれば、まわりの人よりどれぐらい多くの年金を受け取っているかで、生活が変わる。
 世間の半分以下の所得収入を貧困と呼ぶ。
 2009年年金部会のデータによると、今35歳の人が年金を始めて受け取るときは50.1%だが、1年後にはすぐに50%割り込んでしまうので貧困になってしまう。

 また、資産が数億円を超えると、お金持ちになり、お金中毒になる。
 お金が減るのを恐れる傾向がある。

 85歳まで楽観的に過ごすてめには502万円ですむ。
 しかし、半分以上の人が82歳を超えてしまう。
 5%以上の確率がある100歳までになると、1140万円以上が必要となる。

 お金をためられる人は、使うお金よりは先に貯めることを考える。
 お金をためられない人は、お金を使って、余ったら貯めようと考えるが、あるだけ使ってしまうので、決して貯められない。

 毎日、少しずつ貯めると、大きな金額になる。
 例①、通勤は、自転車にする。お弁当は楽屋のお弁当を1つは食べ、残りの2つ(マネージャーの分)は持ち帰る〔一般の人には無理。〕飲み物は空ペットボトルに1パック2円の麦茶パックを入れるなど、週1回お金を使わない日をつくる。

 例②、買い物に行く前に、食べてからお店に行く。
 空腹でお店に行くと、ついたくさん買い物をしてしまう。
 カートは使わずに、買い物カゴを持って店内を回る。
 買い物の事前に何を買うのかを決めないで行く。
 まず、店内を1周し、目に付いた安売りの商品だけを、2周目に買う。
 家に帰ると、テーブルに食品を並べ、1週間分のメニューを考える。

 他にポイントの細かい技を紹介。

 究極は、人から物をもらう。
 近所の人から、いらない物をもらっても満面の笑みを浮かべて、受け取る。
 


 例えば、ペットボトルのコレクションなど、老後、生涯活躍ができる場をつくる。それも、早く若いうちから始めると方がいい。

参考になった方はクリック  ----⇒  にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
                           にほんブログ村

拍手[0回]

PR
株でも買っちゃおうかな へ  株でも買っちゃおうかな

人気ブログランキング へ
人気ブログランキング

ブログ王ランキング へ
ブログ王ランキング

ウェブランキング へ
ウェブランキング

人気ランキング へ
人気ランキング

人気Webランキング へ
@With 人気Webランキング

<< 特別講演 その4   HOME   特別講演 その2 >>
[40]  [39]  [38]  [37]  [36]  [35]  [34]  [33]  [32]  [31]  [30
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
フリーエリア
カウンター
ブログ内検索
Copyright 株でもブロっちゃおうかな~株主優待の紹介~ by 魚礼 馬兵 All Rights Reserved.
Template by テンプレート@忍者ブログ
忍者ブログ [PR]